Posted by on 2月 5, 2015 in | 0 comments

staff-yukiフロイド由起日本で看護師として働き、多くの患者の「死」を看取った経験からホスピスケアに興味を持ち、32歳の時にクリスチャン(プロテスタント)となる。アメリカ留学を考え始めたその矢先、34歳で夫を白血病で亡くし、続いて家族を自死で亡くす経験をした。その後、在日米軍病院に勤務していた医師と再婚し、二人の娘を連れてハワイに移住。死別経験者を支える中でHUGHawaiiを発足。
家族との死別をこれからの自分のライフワークにすることを決意し、現在はHUGHawaiiを運営しながら、臨床心理士を目指してハワイの大学院で勉強中。

stuff-satsuki1ロスさつき:日本で長年デザイナーとして働いた後、ハワイにデザインの仕事を得て移住。3年後にアメリカ人と結婚したが、夫を鬱病による自死で亡くす。突然の一人暮らしとなった寂さと悲しみに暮れる中、死別の経験者が互いに助け合うことの大切さを経験し、HUGHawaiiを発足。
夫の死を無駄にしないために、悲しみにある人を励まし、寄り添うことに人生の意味を見い出し、HUGHawaiiの運営を生活の中心に活動中。1996年にハワイで洗礼を受けてクリスチャン(プロテスタント)になる。