Posted by on 6月 17, 2017 in イベント | 0 comments

大切な人を亡くした人たちを日本語でサポートするハグハワイと、死に関するあらゆる情報提供とサポートを行うライフ・ターミナル・ネットワークの初の共催イベントを開催します!

人生において、人間は多くの人やものとの別れの体験を繰り返します。その最たるものが、大切な人との死別なのかもしれません。
大切な人との別れは、大きな悲しみ、苦しみを伴います。これは、人によりさまざまな表れ方がありますし、時間が癒やすというものではありません。しかし、この経験は、本当に悲しみのみ、苦しみのみを私たちに味わわせるだけのものなのでしょうか。
本イベントのタイトルに、あえて「効用」と入れてみました。効用には、薬の効用などのように“ききめ”“効能”などといった意味と、 “使い道”という意味があります。

死別だけでなく、人との別れ、ものとの別れ。そんな大切な人やものとの別れを通して得られた何か、別れの後の話を、参加者で共有してみませんか?

【概要】

○日時 2017年7月8日(土)13:00(12:30開場)〜16:00

○会場 秋葉原ハンドレットスクエア倶楽部
(東京都台東区浅草橋5-3-2 秋葉原スクエアビル7F)

○内容
・13:00〜 ご挨拶
・13:20〜 ドキュメンタリー映画『家族の軌跡〜3.11の記憶から〜』(大西暢夫監督作品)上映
(休憩/約10分)
・15:00〜 トークセッション(16:00終了予定)
ファシリテーター:竹之内裕文(静岡大学教授、哲学者)
登壇者:フロイド由起(ハグハワイ代表)
金子稚子(ライフ・ターミナル・ネットワーク代表、終活ジャーナリスト)

※このイベントは16:00過ぎで終了しますが、19:00から場所を築地に移して、関連する別のイベントを開催します。詳しくは、こちらで後日発表いたします。

○定員 70人(先着順)
※小学生未満のお子様は保護者の方とご一緒にお願いします。

○参加費 2,500円

 ※うち一部は、上映映画の舞台となった宮城県東松島市の孤児と遺児の方々の支援に使わせていただきます。

○お問い合わせ
詳細やチケットについてご不明の点は、以下までお問い合わせください。